沢山の駐車スペース

バスの座席

成田空港は日本の玄関口として多くの国際線が就航している空港です。このためビジネスや観光で多くの人が利用します。空港までのアクセス方法には鉄道のほかにバスや自家用車も多くあります。駐車場も数多くありますが歴史的ないきさつもあり十分とは言えません。 成田空港は開港当時、建設を巡って対立が起き暴動も発生しました。建設反対派が土地を保有しているところもあり、当初の予定通り工事が進まなかったいきさつがあります。このため空港駐車場もその影響を受けていて、当初の予定通りの場所に予定の駐車場ができていない部分もあります。このためターミナル内にはいびつな部分が現在でも多く残っています。現在ではこの部分の修正が行われています。

成田空港は開港当初の問題もあり十分な駐車場が空港敷地内にはありません。そのため、自家用車を利用する人は空港周辺にある民間の駐車場を利用する人が多くいます。 そんな成田空港の駐車場に対する需要は今後も増えていくと予想されています。その原因になるのが格安航空会社の存在です。成田空港では、羽田空港の国際化によってできた枠を利用して格安航空会社が多く就航するようになりました。これらの航空会社は出発が早朝であったり、深夜に到着が多いために公共交通手段が利用しにくいです。 そのため、これから格安航空会社が増えていくにしたがって、この飛行機に乗る人が自家用車で空港まで来る可能性が高まります。そのため駐車場の需要も高まると予想されています。